まだ東京グールを読んでいないのなら騙されて!読んでみて!

東京グール イラスト

大人になってから久々に、手元に置いておきたい漫画に出会いました。

『東京喰種』の面白さは、一言で言えば“気持ちのいい裏切り感”だと思います。
『東京喰種』という漫画は、この後はこうなるのかな?という読者の想像を、まあ見事に裏切ってくれます。

予定調和やお決まりの展開は一切ありません。だらだらと間延びしたような展開もありません。
容赦なくどんどん話は進んでいきます。結構大切な登場人物も、急に死んだりします。

そして、そういったシーンの描き方が、とても大胆で印象的です。漫画の中で一瞬、時が止まったようになります。
その緩急のおかげで、一気に物語の中に引き込まれ、気づいた時にはもう夢中で読んでしまうのです。

また、石田スイ先生は、たくさんの伏線を漫画の中に隠しています。
たくさん散りばめられた伏線を、後から読み返して発見することもあります。

『東京喰種』から『東京喰種:re』に進んでもなお、未だに回収されていない伏線もあります。
だから読み手側もあれこれ考察してしまいます。何度も読み返して考えてしまうんです。
まるで推理小説のようです。この伏線について考察するのも、『東京喰種』の楽しみ方のひとつだと思います。

わかりやすいお涙頂戴ものや、パターン化した退屈な展開に飽き飽きしている人は、

まずは、『東京喰種』に気持ち良くスパーンと裏切られてみてください。
そして手元に置いて、数々の伏線や謎を解き明かしてみてください!

東京グール 無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする