中古車 プリウスの勝算

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s

最初に結論めいたことをいってしまうと、「 誰が乗ってもこれまでより格段に良くなった走りの質を実感できる 」ということです。

まずはドアを開け、乗り込んでみます。

シートに腰掛けた瞬間の肌ざわりがとても気持ちいいです。

正直に言ってこれがプリウスと疑いたくなるほどであり、まるで高級車を彷彿とさせています。

シートのクッション部分はソフトなのに、シートフレーム自体の耐性が高いので、からだをしっかりと受け止めてくれる感じが素晴らしいです。

とくにクッション部の周囲はかためになっているので、コーナリング時はしっかりとからだをささえてくれます。

これはシート表皮が合皮だったことも影響しているのかもしれないです。

もしソフトな感触が好みなら、筆者の個人的な意見としては、沈み込みが少ない合皮が好みになります。

プリウスを開発したエンジニアも合皮シートがいちばん気に入っているそうです。

従来モデルに比べ、ハンドルの可動範囲が広くなり、最適なドライビングポジションに合わせやすくなっています。

ちょっとしたことではありますが、これも採用したからこそ実現できたことです。

ドアを締めた時の音は、高級感が増しています。

このドアの閉まる音からでもそれを感じることができます。

オススメサイトはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする